PRIVATE PILOT  - 国内で 自家用操縦士免許を 早く 安く取る 方法
マイブログ

沖縄最大のタブー

久しぶり京都行ってきました。左は平安神宮。
小作貧農、離れ小島を追い出された 少年が 現在に続く
400年の琉球王朝を築く、実話の歴史物語を書いたのもこの京都の眺めがそうさせたことを思い出した。
謎解きのカギは京都にあった!!
そして、そして なんと 琉球王国は ヤマトの応仁の乱のきっかけでもあった!!
 沖縄 琉球王国の 始祖王 尚円は、
なぜ、秀吉をしのぐ 成り上がりが 皇帝になれたのか?
なぜ、家康をしのぐ 400年王朝が 作れたのか?
琉球の王が、京都室町幕府の将軍に会っていた!!
謎のおおい、応仁の乱 の 背景に 琉球王国があった!!
400年琉球王国の成立に手を貸した 交易勢力とは???
どうして 琉球王朝は 応仁の乱から明治維新まで 長きにわたり 国を治められたのか?
謎に包まれた
 実在の人物 「尚円王」のタブーに 迫る 物語は、
沖縄最大のタブー 琉神 「尚円」 で 解き明かされます。
             アマゾンは ↓ こちらをクリックしてください
 左は琉球王も参内した京都御所、            右は、清水の舞台で有名な 清水寺。

入島禁止の島に行ってきた!

2017年 世界遺産になって 全面入島禁止になったと聞き、宗像神社の沖ノ島に行ってきました。
沖ノ島へは、五島列島の上五島空港から、壱岐空港、そこからはひたすらを維持し我慢のフライトでした。
その五島列島には、日本の原油の一週間分を備蓄するフロート基地があります。それがこれ。
そして、やっとたどり着いた 沖ノ島の 表の画像は、ニュースにも取り上げられた もので、記憶にある方もいらっしゃるでしょう。
で、今回面白かったのは、ほとんど知られていない島の裏側です。なんと、断崖絶壁の途中に構造物の気配が!!
写真では、わかりにくいのですが、右端の断崖の真下から、左の方向に線が伸びているのがわかると思います。この道の途中に祠のようなものが見えたのですが、何でしょうか?
これ以外の画像は、フォトギャラリーにそのうち公開しますので、ご覧下さい。
この沖ノ島、玄界灘のほぼ中心に位置し、まるで富士山のようにポッコリと海の上に飛び出しています。航海の目印にもなるし、海の防衛の要にもなります。そこに、宗像神社ができ、国宝級の遺跡や遺産が埋蔵されているというのはよく理解できました。そして、その島の裏側に回ってみて、多分この写真の中央あたり、たぶん、まだ発掘されていない場所があろうことも想像できました。謎の量だけ、ロマンがある、そんな神聖な島でした。

伊是名島

今年夏の思い出で 一番の ものは 伊是名島だった。 ここ伊是名は、 写真のような ピラミッド伝説で有名。
空からの ピラミッドは、 ユーチューブで 見てくださいね。
山下 智之 YOU TUBE 
ここ伊是名は、尚円王物語や、伊ざなぎ の尊 伝説、天皇家とのつながりなど、神秘に飛んだ島だった。
飛んでみて わかったのは、琉球王国のもっとも重要な輸出品である 硫黄を 一番産出量の多かった、 硫黄鳥島 から、那覇の泊港(琉球貿易の中心地)まで運ぶのに、ちょうど中間点にあり、写真のように ピラミッドのような山があって海からすぐにわかりやすいということ。当然、当時から交易の中間地点として、情報や技術が集まったはず。その情報の中に稲作文化が入っていたとしても不思議ではなく、稲作農耕文化を背景とした天皇家の歴史と結びついていても不思議はない。
この伊是名島には 空港はない。あるのは、伊是名村が所有する 伊是名場外離着陸場という、私設の道路で、勝手に降りてくださいよと言うものだけ。そして、私たちは、その場外に、航空局から離着陸の許可をもらい、その離着陸場が米軍の訓練空域のため、米軍から侵入許可をもらい、伊是名村からはその所有者として利用の許可をもらい、やっとこ、半年がかりで着陸できました。これが、私なりの今年のメインイベント。 左の画像が、記念すべき 最初の着陸達成時のもの。どこに駐機しようが勝手にどうぞと言う感じ。多分、アメリカで自分の飛行場を持ったらこんな感じなんだろうなと言うのを味わいました。 そんな大変な作業の中で、助かったのは、伊是名村の方々の協力。

夏の思い出

12月!! と言うことで、 今年の夏の思い出を 載せておきます。
大阪観光大学 飛行クラブで、沖縄 伊是名場外飛行場に 通っていた頃 学生で大盛り上がりの渡し船。(左)

← 大阪観光大学 青山クラブ は
   flightclubjapan.jp  で見れます



← これは、岡山空港で、あんまり 高温になりすぎて、エンジンが不調、この時は、仕方なく一泊して整備士の方に来ていただきました。

↓ は、この時、 整備士さんや救援部隊を乗せて やってきてくれた イタリア製の双発訓練機。
ボランティアで、 大阪観光大学飛行クラブの学生さんにもいろいろとこうした経験を話し、パイロット免許取得に向けてガンバる生徒さんを応援しています。
安全に飛べるということと、パイロットライセンスを持っているということは 全く別物。お金はかけなくていいです。少しづつ、しっかり自覚をもって 学習し訓練することが 大事だと、最近特に感じています。 免許は取ってからが 大変。

琉球の空

久しぶりに 沖縄に行ってきました。
南の空は、島の上にはほとんど雲があります。
高度を取って進むと、降りる島の手前から降下処理をしておかないと、島の上空で雲のため降りれなくなるということもあります。
かといって、ずっと低い高度では、添付の写真のような美しい情景は堪能することができません。
高知手前の上空で夕日に染まった様子は、美しく 忘れられません。
後ろの九州側が、昼間、前方の四国の方は、もう夜。
夜と昼の境目です。
一人、楽しんできました。
沖縄で、伊是名場外離着陸場や、慶良間など、着陸の様子、



にアップしています。 どうぞ お楽しみください。

低い雲

東京の低い雲は 息をのむほど 美しかった。
月明かりと、街の光に 浮かび上がる ほのかな 浮遊体からは カサブランカの 花の香りさえしてきそうだった。











空中で 出会う 低い雲は、 こんな感じ。
淡路島の東端 淡路市 上空あたりで 出会ったもの。
つい、近寄ってみたくなるが、VFRのため、これが限界。









長らく 更新していなかった お詫びに
おまけの映像。
低く光る物体は UFO?
さてなんでしょうか?

答えは 飛行船

白浜 別荘

南紀白浜の 別荘を 見てきました。 空港の西 太平洋を望む立地の場所。便利なのは、空港からすぐ、5分程度でつけるところです。このあたりはなかなか売り物が出ず、やっと、一見とてもいいのが 出ました。早速、現地で買い手の候補の方と待ち合わせで見てきました。買い手の方は、東京から直行便で白浜へ。昼ごろ到着というのでそれに合わせて白浜に飛びました。現地を見てから離陸後に上空からとってみたのが写真です。最初の写真の滑走路手前に白い点々とあるやつが別荘群です。で、滑走路の上に バッテン のしてあるやつ。これは昔の滑走路で今は使っていません。最初のころは誤進入が多かったそうですが、さすがに今は、ないと思います。その旧滑走路で、自転車のレースをしていました。空港ターミナルでも自転車を乗り付け、楽しそうに家族で食事をされているファミリーを見かけました。空港の使い方もいろいろあるようです。今回の別荘の話、現在価格交渉中です。といっても、1000万円前後の話。やはり、地方の土地はまだ安いと、東京の買い手候補の方の感想です。

姫路城 へ お花見

             空からの 花見 今年も行って来ました。今回は姫路城。
 
何やら イベントの最中でした。 4月4日午前11時15分頃このあたりを飛びました。今年改修の終わったシラサギ城は春の日に輝いています。
そして、桜もお城の周りにたっぷり咲いています。とても穏やかなフライトでした。長くは飛びませんでしたが、ものすごく楽しい空の散歩を楽しみました。午後からは、前線の影響で春の嵐になりそう、そう思って早めに帰りましたが、逆に空気は温まり、安定した状態に。次回は、もっと足を延ばしてみたいと思った。

初めての広島空港

初めて広島空港に降りました。写真のように山の上 1000フィートにある空港でわかりやすい。ただし、神戸から向かうと手前に2000フィートの山があるので注意が要ります。今回は、神戸から高度6500フィートでひたすら西に向けて飛びました。実感は、速いの一言。予定では40分くらいと思っていましたが30分で到着。高度を上げると対気速度は速くなるとは習っていはいましたが、初めて実感した感じです。このときは、一人で広島のドクターと打ち合わせを兼ね土地を見に行きました。で、空港について指定された駐機場は、スポット一番。なんと、大型定期便と同じ並びで、ブリッジはありませんが、管制塔のすぐ前。ジェットで到着したらこんなだろうなというスムースな駐機です。
写真のようになんか えらそうに 止まってます。すぐ前の管制塔からクル―専用の通路を通って外に出ますが、出てからもターミナルがすぐ近く。タクシーに乗って約5分の打ち合わせ場所へ。そこには温泉付きのホテルがあります。ここの温泉、よかったです。伊豆や九州の別府のようなクリアーで力のある泉質。そこに30分ほどとつかって、結局打ち合わせを含め、2時間の滞在。朝、10時に神戸を出て2時には三宮にいました。 早く帰りすぎて時間つぶしに本屋さんへ。こんなことならもっと温泉につかってくれば良かったと後悔。

格納庫でパーティー

格納庫で、イベントがありました。 レッドブルという飲料メーカーのスポンサーで、なんと、紙飛行機大会。紙飛行機と言って 結構簡単な学園祭並みのイベントを想像して行って驚きました。本格的な イベントです。最初、和太鼓、DJ 等から始まって、。。。。 その続き 実は 途中で抜け出したのでどうなったかは 見れませんでしたが、最初のやつだけ すごい迫力でした。見慣れた 飛行機とその手前にある ドラムやDJ ブース。どうでしょう?かっこいいでしょうか?写真を送った人から ぜひ HPに アップしたらと言われしました。で、今年は、このレッドブル 本物の飛行機でやるレースですが、5月にあります。入場券は安くはなくどうしようかと迷っているところです。 ヨットで言う アメリカズカップのような 由緒あるレースで、日本人も参加します。
 
 

Harrison Ford 

Harrison Ford が 事故った!!サンタモニカ空港から離陸直後にエンジン停止。すでに巡航速度に入ってはいたが高度が低かったために空港まで引き返せなかった様子。でも!! いわゆる不時着時の緊急操作のお手本のような不時着!! まず、近隣の住宅地域を避けてゴルフ場に降りたこと。ゴルフ場でも、人のいないティーグランドに降りたこと。(すでに そのホールのプレイヤーはグリーン上でパターをしていたとのこと)つまり、グリーンの方でなくティーグラウンドを狙って下りたあたり、結構余裕を感じます。そして、最後に一旦近くの木に接触してから降りたとのこと。これも、たぶん 足を犠牲にして速度を減じる方法を選んだと思います。なぜなら 足の車輪だけ遠くに落ちていたので。その結果 自分だけは負傷しただけで、ほかに大きな損害も与えずの不時着。最後の引き起こしが重かったからかできなかったからか、足を犠牲にしたときに思ったより機体が前のめりになったためか、自分は顔面をけがしたようですが、最後の引き起こしさえできていれば 100点満点の緊急操作でしょう。オソレいりました。で、彼のユーチューブ いいのがあります。
「harrison ford just another pilot」 というやつです。訳すと、ハリソン フォード 一人のパイロットとして という題。 空への憧れと、夢を実現した今でも、プライベートジェットに乗れる今でも、小型機に乗っているほうが楽しいと語る、自分はそういう空を楽しんでいるパイロットにすぎないと いうやつ。 いいですね。ときどき、強い横風で降りてみたくなるとか、そうなんですよね、チャレンジしたくなる気持ち よくわかります。

対馬 防衛の島

対馬 行ってきました。なぜか 中国系の方が別荘をということで、海に接した約3000坪の候補地を見てきました。対馬は、山ばっかりです。驚きました、どこに別荘を建ててもたぶん外海からそれを見つけるのは無理。要塞のような基地のような建物を想像してしまいました。施主さんは、自分の船をつけられて、眺めがよくてということですが、そういったニーズにはぴったりの土地。上から見ると、よくわかります。たまたまホテルの夕食時に隣に来られた横浜の大学教授にお聞きしましたが、対馬って山が多すぎて大昔から稲作はほとんど無理。そのかわり、豊穣の土地である大和の防衛ラインとしてやたら神社が多いそうです。空から見ると、島根の出雲大社は半島からわたってきた昔の先進文化人が大和の本土に上陸して一番沿岸地帯の高い山を最初の上陸拠点にした地形がよくわかります。で、対馬は、その前の海上の拠点でしょうか。逆に大和朝廷が本土を統一してしまえば、異文化の大陸からの侵入をこの東シナ海の海流がぶつかる対馬で防衛監視しようとしたのもうなずけます。今ならさしずめ、沖縄の基地のような感じだったのでしょうか?昔の神社は、出城のようなそして、地域社会への給付金の窓口のような(今の沖縄振興基金みたいな)役割があったそうです。で、その多い神社の大元締めが、伊勢神宮になるそうですが、いつも、空から歴史を感じ飛んでいると、どうして、伊勢神宮が日本の地場信仰の中心になっていったのかずっと疑問でした。京都や奈良は、盆地、交通の要所ですぐ理解できますが、どうして 伊勢なの?というわけで、聞いてみました。教授の話によれば、最初に稲作文化が上陸したと思われるこの対馬では、稲作は根付かずその代り、稲作の恵みのおおもとである太陽の上る方向(つまり東)を目指して、まっすぐに東に向かえば伊勢神宮にぶち当たるというのです。つまり 対馬と伊勢神宮は緯度が同じ!!!?? だから、稲作文化を携えてやってきた先進文明人が東へ東へと進み、それ以上行けなくなったところで、文化の拠点としたというのです。

針尾 通信書跡 大和の時代の遺産

写真をご覧ください。 佐世保市街地の南、約3マイルに わかりますか? 3本の 巨大な建造物。高さ約170メートル。 航空地図にも ちゃんと 出ています。 これ、 大正時代!! に作られた 針尾 電波塔です。 詳しくは、ウィキ でも出ていますので、見てください。 とにかくでかい。戦艦大和の時代の電波塔。永遠のゼロ に出てきそうな、というか、その時代に まさに現役で、ゼロ戦の出撃命令なんか、この塔から発信されていたのではないかと思います。 空から見て、そして、すぐ近くの 大村湾は 真珠湾攻撃の時の訓練に使われたとか聞きました。ゼロの 戦士たちも、こんな空からの 電波塔を 見つめていたかもしれません。悲しくも、さみしい、胸のつまされる光景です。 で、しびれました。このあたりを管制している長崎TCA に連絡して、ここで旋回を何度かさせていただきました。同じ空間を ゼロも飛んでたかもなー。何とも言えない感傷に浸りつつのフライトでした。このときは、ある外国人の方が、対馬で別荘用地を探しているということで、飛んで、その用地を確認してきました。対馬から、佐賀空港に向かう途中の眺めです。その対馬は大昔大和朝廷時代から江戸にかけての防衛の要。今は、韓国からの観光客が多く見えられます。そして、佐賀に向かう途中、下の写真のような軍艦が停泊しているのを発見。

古い機体を見に行った

岡南空港に行ってきました。 古い飛行機の売り物があるということで、見に行った。製造から20年ほどの小型機で価格は600万円ほどということ。上記 プライベート パイロットの 読者からも、ほかの 訓練されている方からも、飛行機を安く買うにはどうすればいいかとの質問を受けるので、今回は早速飛んで見に行ってきました。機体は古く、長年飛んでいなかった様子ですが、一緒に行った整備士さんは問題ないとのコメント。以前から探しておられるという知り合いに機体オーナーの連絡先をお伝えした。さて、どうなるかはご本人同士のお話。うまくいったら、その機体で遊びに行ける別荘の手配、デザインはぜひ山下にとお願い。写真は、岡南に向け神戸市の名谷ポイントを通過するところ。向こうに見えるのが明石大橋で、その先が淡路島。前回アップした才王さんの写真と比べるとその迫力のなさに、がっくりしている。写真の力というのがあるように思う。さて、自分で写真をもっと勉強するか、それとも 写真のうまい同乗者を募集して撮ってもらうか?かなり思案中。

神戸ポートタワー

才王さん ありがとう!!プロのカメラマン 才王さんを連れて飛んだ。八尾を飛び立ってほんの5分ほどで神戸上空。曇りがちの日だったし、周辺にヘリもいたりで、思い通りの方向に飛べなかった。地上に近づくと、町の上昇気流で機体がポンピングする。そんな中で、しかも、軽飛行機は初めてという彼、まったく意に介する風もなくシャッターを切り続ける。さすが、プロ。彼の FACE BOOK は、 saiohphoto の アカウントで 見られます。見慣れた神戸の街が 彼にかかると こんな風に 語りかける写真に。そうですね、あのポートタワーを見ながら 神戸っ子は 育ち、東京や海外に出て戻ってきても、あれを見ると 小さいころを 思い出しますよね。震災でもびくともせず、近くにどんどん高い建物が建って、近所のホテルオークラ から 見下ろされるようになっても、神戸大橋が存在感抜群に海を渡っていても、あの 小さな ポートタワーこそ 神戸 ですよね。そんなことをこの写真が語ってくれているようです。その時も、操縦桿は、ついついポートタワーを中心に回っていたような気さえしてきます。 ありがとう 才王さん そしてありがとう ポートタワー
RSS

最新記事

沖縄最大のタブー
入島禁止の島に行ってきた!
伊是名島
夏の思い出
琉球の空

カテゴリー

セスナ免許 自家用機で快
仕事で飛ぶ
離島 めぐり
検索エンジンの供給元: