買い物かご
買い物かごは空です
数量:
小計
消費税
送料
合計金額
PayPalでのお支払いが完了できませんでしたこちらをクリックしてもう一度お試しください
ご注文を承りました!ご注文頂き誠にありがとうございました!後ほどPayPalからお支払い完了のお知らせが届きますのでご確認ください。買い物かごを閉じる

  パイロット 山下智之 の ホームページ

   フライトクラブは www.flightclubjapan.jp をご覧ください

ドローンだけじゃない

空の産業革命

新刊

詳しくは下記ブログから

山下は免許取得本気の方を応援しています

実話、沖縄史タブーの物語

沖縄最大のタブー

琉神 尚円

沖縄タブー山下で検索してください

山下の 免許取得 実体験談

プライベートパイロット

国内で自家用操縦ライセンスを

早く 安く とる方法

好評 既刊

***ページ メニュー ***

============

ブログ

世界遺産 仁徳天皇稜

投稿日: 2019 9月 25、5:33 午後
 今年の 前期最後の訓練は 大阪堺の仁徳天皇稜を経由して八尾空港でTGLでした。
夏には、沖縄那覇空港や訓練地である慶良間空港など、転戦した記憶がよみがえります。
←慶良間空港では 沖縄県から賃貸している空港内のディスパッチルームを利用。生徒さんはここで、TGL や 離島間飛行の出発前確認や期間後の反省会などをします。が、結局宿泊は那覇なので、立て込んでいる那覇空港に渡り注記しなくてはなりません。訓練なのに他のエアラインを待たせるわけにも行かず、いつも20分から30分のホールドを余儀なくされています。この不便を感じるたびに沖縄本島に小型機専用の北部空港を作りたい、そういう思いが強くなります。そこから行き着いたのが、近著「パイロットが考えた 空の産業革命」です。さて、後期訓練スケジュールを月末までにたてなくてはなりません。北部空港の前に現実を処理しなくては。

カテゴリー: セスナ免許 自家用機で快

コメントを投稿する

Oops!

Oops, you forgot something.

Oops!

The words you entered did not match the given text. Please try again.

0 コメント